漫画をKindleで読む

面白いオススメの漫画をボチボチと紹介しています

潜入捜査官の痛快アクションなヤクザ漫画「土竜の唄」を読む

土竜の唄ってどんな漫画?

土竜(モグラ)とは、潜入捜査官のことを表す隠語で、タイトルの「土竜の唄」通り、警察の潜入捜査官の話です。

主人公の潜入任務の最終目標は、日本の極道の3大勢力の一つである、数寄矢(すきや)会に潜り込んで、会長である轟周宝の、犯罪の確かな証拠を見つけて逮捕すること。

最新刊

 

土竜の唄の見所は?

最初の方は、結構ギャグ漫画的要素が多かったですが、連載が進むにつれ、シリアスな部分も増えていく感じです。

ヤクザ漫画ですが、人が死んでいくシーンはほぼなくて、ほぼ殴り合いのケンカになります。アクション要素が非常に強く、人間力のぶつかり合いという戦いばかり。

毎回定番の大ピンチがやってきて、それを主人公の菊川玲二(レイジ)がどう切り抜けていくのか?が非常に面白いです。

一番の見所はというと、主人公が数寄矢会に潜り込む際に、兄弟の契りを結ぶ、若頭の日浦という人物との絆がアツいです。

潜入捜査官(モグラ)である主人公と、極道である日浦との、漢と漢の絆は必見です。

この漫画、普通に読んでると、主人公が警察だってことを忘れてしまうほど、ヤクザ漫画として成立していますね。

一言で言うならば、「潜入捜査官の極道成り上がり漫画」という感じです。

 

ストーリーのテンポも良くて、展開がかなり早いので飽きずにスラスラと読めてしまいます。さらに、これは狙っているのか?単行本の終わり方が、各巻、本当に狙いすましたかのように、続きが気になりすぎる、すげー良い所で終わります。

途中で読むのをやめられませんので、一気読み推奨ですね。

 

魅力的なキャラクター

日浦 匡也

主人公の菊川玲二と兄弟の契りを結ぶことになる、日浦匡也(まさや)につきます。

1巻で玲二と初顔合わせをして、そこから長い活躍を見せます。

蝶が好きで、通称「クレイジーパピヨン」と呼ばれています。

この日浦の存在感が圧倒的で、主人公を喰っているといっても過言ではありません。

詳しくはネタバレしますので言えませんが、復活した時は泣きそうになりました。

ちなみに、スピンオフ漫画まで出ています。

 

月原 旬

主人公が、麻薬の密輸ルートを探るべく近寄る人物。

完全に悪者な、この月原が実にシビれます。主人公と相棒契約を結ぶところは、実に鳥肌もの。

この人物、個人的に『代紋 TAKE2』の江原慎吾となんとなくダブる気がするのは、私だけでしょうか?

 

どう完結させるのか?

ヤクザとして漢を上げていく菊川玲二、パピヨンとの絆もあり、モグラとしての立場もあり、ただ、轟周宝を逮捕するだけではもう終われない、この物語が一体どんな結末を迎えるのかがとても気になります。読んで良かったと思える結末を楽しみにしています。

まだまだ完結には遠いでしょうが…

 

 

合わせて読んでみては?