漫画をKindleで読む

面白いオススメの漫画をボチボチと紹介しています

「横山光輝 三国志」を読む

三国志

小説やゲーム、ドラマなど、色んな作品に取り上げられる、本当に人気な題材で、三国志を知らないことは、人生でかなりの損をしています。

横山光輝 三国志三国志という物語を知る為の入門書として、これ以上の作品はありません。

 

三国志との出会い

私が初めて横山光輝 三国志」に出会ったのは小学生の低学年の頃でした。

私の実家は田舎でして、近所の文房具屋さんが本屋さんも兼ねていて、近隣の住民はそこで漫画や雑誌を買っているようなお店。

忘れもしない、その近所のお店で初めて買ったのが、なんと13巻という暴挙。

そのタイトルは『玄徳の危機』いきなりとんでもないところからの入門を果たしておりました。

 

その13巻のあらすじは

南陽での不穏な動きを察知した曹操は、再び南陽に出陣する。

しかし作戦の裏をかかれ、またもや敗走した。徐州では、曹操と玄徳がひそかに進めていた呂布討伐の企みが発覚、呂布はただちに玄徳のいる小沛へ攻め寄せた。

曹操も援軍を出したが、苦戦しているうちに小沛は落城。城兵は四散し、玄徳は呂布に追われて消息不明となる。

 

なぜ、1巻からじゃなかったのか…?

  

記憶が曖昧ですが、呂布という武将が最強であることは、幼いながら知っていたんではないかと記憶しています。だからその呂布が登場する近辺の巻で、さらにジャケがかっこいい13巻を選んだような…そうではないような…

実際、13巻のジャケは劉備が刀を携えたカッコ良いジャケなんです!

 

そこから、おこずかいを貯めながら、本当に長い時間をかけて60巻全てコンプリートしました。本当に長かった…中学卒業前には揃っていた記憶があるので、6年ぐらいは何度も読み返しながら増えていったという形。

最後の60巻を買って、家に帰って読み終わった時の、「もう続きはないんだなぁ…」という、あの淋しさは忘れられません。

 

さて、三国志などの歴史物は、小説を読まないと本気じゃないっぽい感じがありますが、漫画で全然いいじゃないですか。

漫画読んで興味持って、この人の三国志はどんなかな?って気になれば小説を読めばいいんですよ。

 

魅力的な登場人物、またその登場人物の多さも三国志の魅力のひとつです。

星の数ほどいる英雄の人生の羅列。 

きっとあなたが好きになる武将が出てきます。

きっと何度も読み返すエピソードがあるはずです。

 

赤壁の戦い近辺、第19-21巻あたりは私も大好きで本当に何度も読み返しています。

(特に周瑜孔明暗殺のため、無理難題を持ちかけ10万本の矢を孔明が集めるくだり)

 

人生で一度は読んで欲しい、全60巻の圧倒的なボリュームの大長編歴史漫画です。

 

*残念ながら電子書籍化はされていないようですね。

三国志 (新書版) 全60巻 (希望コミックス)

三国志 (新書版) 全60巻 (希望コミックス)

 

三国志のゲーム

「クラッシュ・オブ・クラン」に武将など、三国志の要素をプラスした、ストラテジーゲーム。1日5分からOK。移動中など暇つぶしにもってこいの、ハマるスマホゲーム。

iOS版ダウンロード    >>>三国天武

Android版ダウンロード>>>三国天武

 

合わせて読んでみては?